THREE + ONE

マイペースに、家族のコト、インテリアのコト、好きなモノ、について綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン ~銀行と契約~


ちょっと、今日はお金の話を。
住宅ローンについて、前回からダイブたってしまいました。
実は、だいぶ話は進んでいて
昨日、銀行と契約してきました~。
そして、来月のはじめには・・・ 「土地の決済」 。
最初のころから記事を読んでいてくれたかたは
いきなり?!と驚かれるかもですね・・・
すみませんm(__)m
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
これまでの経緯を簡単に書いておこうと思います。
 
我が家が、仮審査を受けた銀行は2つ。
 ・A銀行→住宅会社の担当の方が最初はコンタクトをとってくれた銀行。
       後に、色々あって自分たちでコンタクトをとる事になりました。 
       (↑これは前回の愚痴メインの記事を読んで頂くとわかります。)  
 
      保証料込み、金利当初よりも0.4パーセント引き下げ
 
B銀行→不動産屋さんが、コンタクトをとる。
      最初から低金利で、いい条件を出してくれた。
 
      保証料込みでなくてもいい、A銀行よりも金利0.1パーセント低い。 
 
こんな感じに話が進んでいました。
AとB比べると、金利が安いのはBですよね?
そうなると、Bを選ぶように見えると思いますが・・
これが、不思議な事にAの方が全体的に計算すると
月々の支払いも、年間も、総額もAの方が安かったんです。
 結局は、Aの銀行が保証料込みでなかった場合
Bの銀行よりも0.1パーセント安くなるからなんですよね。
A銀行は、B銀行の金利を知った上で
うまく調整してきて、私達が選べるようにしてくれていたようです。
 
ですから、最初はA銀行で行こうと決めていました。
ですが、結局・・・昨日契約した銀行はB銀行です。
 
理由は、3つ。
1、交渉した結果・・・あっさりと、更に0.05パーセント落としてくれた。
2、借入額が、融通がきいた。
3、土地と建物の決済が、1本でいいから。

 
1と2は、当たり前かなって思う理由。
3は、後々諸経費の話をしていて気付いた部分。
 
土地の決済と、建物の決済・・・
当たり前ですが、大抵の人は時期がずれますよね?
その際、銀行では2本にするところが多いと思います。
最初に、土地。その後に、建物。
2本にするという事は、
面倒な事が2回あるということ。
本審査を2回受けなくてはいけないのです。
そして、2回も事務手数料を払う事になる。
ローンにかかる諸経費が、ざっと2倍になると言う事です。
その事務手数料も、銀行によって違いますよね?
我が家のA銀行は、B銀行の倍の金額が1回でかかります。
と言う事は・・・事務手数料だけで、10万以上差が出るんです。
もう、これに気付いた時点で・・・B銀行にしようと心に決めました。
 
あっ!あと、A銀行は土地の決済が済んだあと
土地だけ最初にローンの始めるのも条件でした。
B銀行は、利息だけ払っていってくれればいいということ。
そして、A銀行は・・大きな銀行なので
色々厳しく・・・色々面倒なこともありました。
その分、B銀行は・・・ゆるい部分も多くて。
重い住宅ローン・・・何となく気が楽になるB銀行に気持ちは固まった我が家なのでした。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
  2011年4月17日、本審査受付
 
  2011年4月20日、本審査通過
 
  2011年4月27日、銀行と契約

 
こんな感じに、住宅ローンの話が進んだ我が家の報告でした。
 
+学んだこと
 色々な銀行に話を持ちかけて、出来る限りの事を自分達でもすること。
 そして、自分達でも知識をしっかり持つ事。
 これが大事なことだなって痛感しました。
 そして、諸経費や今後の取引についてもしっかり聞いて
 それも、基準に中に入れる事も大事ですね。
 
住宅ローンが決まると、心が軽くなりますね。
だけど、これから数字を見てげんなりするんでしょうね・・・笑
 
わみ
 
↓ぽちっと押して頂けますと、更新の意欲が増します♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも、本当にありがとうございますm(__)m
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。